特殊清掃業者の依頼するリフォーム業者

もしも借りている部屋で身内が亡くなってしまって発見が遅れた場合、持ち家にて特殊清掃が必要になった場合に、その多くのケースで床が腐敗しているということがあります。

参考ページ…http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/bookreview/10/index.html

借りている部屋であれば、当然限られた時間で原状回復をしなくてはならず、持ち家にしても、いつまでもそのままにしておく訳にはいかないので、特殊清掃をした際に、特殊清掃業者にてリフォーム業者を手配してもらうという流れになります。

どこか知り合いのリフォーム業者でも良いのでは?と思われる方もいらっしゃる様ですが、特殊清掃業者の入る様な現場の場合、一般的なリフォーム業者では原状回復は難しいと考えてください。

特殊清掃後のリフォームでは腐敗臭をきちんと除去できる施工技術のあるリフォーム業者でなくては、完璧なリフォームをすることができません。

多くのケースでは腐敗物のあった箇所は解体工事が必要となり、解体した後、速乾性のある脱脂洗浄剤で汚染箇所を洗浄する必要があります。

最近増えている風呂場でのヒートショック死の様な場合は浴槽を取り外さなくては清掃をすることができないことから、特殊清掃業者とリフォーム業者が連携して作業をする必要があり、特殊清掃の必要な現場では、消臭をすること、そして原状回復をすることの二つをしなくてはならないケースがほとんどです。

よって、専門のリフォーム業者に依頼するには、特殊清掃業者が手配してくれるリフォーム業者が安心しておまかせできるということになります。



Comments are Closed