特殊清掃を頼む必要があった場合は?

身内の不幸の知らせが届き、自宅にて亡くなっていたことに気付かず、腐敗してしまっている、自殺して部屋の中に血や体液が飛び散ってしまっているなど、とても直視できない様な悲惨な状況になっていると知らされた場合、その時どうすればいいのか、何をすればいいのか頭が混乱してしまうことと思います。

自宅など状況がよくわからず亡くなっていた場合、まず発見者は警察に連絡をしなくてはなりません。

死の原因が、事故か事件か、病死かなどということを警察の現場検証がされ、死因の確認をします。

死因がはっきりし、現場に入れる許可が出れば、部屋の中に入ることができます。

現場に入れる様になったら、特殊清掃を開始することができます。

特殊清掃をしてくれる業者をどの様に探せばいいのかといえば、今はインターネットで検索して探すといいでしょう。

特殊清掃をしている業者を簡単に見つけることができるので、突然であっても、その場でスマホなどを利用して見つけることができます。

警察の立ち入り検査をしている間に特殊清掃業者を手配しておくと、スムーズに清掃を開始させることができます。

特殊清掃業者を見つけたら、まずは電話で問い合わせをします。

部屋の状況がどの様になっているのか、どの様なことを依頼したいのかを伝えておくといいでしょう。

実際に現場にきて見積もり額がわかりますので、価格の相場を知って業者を選びたいと思うのであれば、複数業者に一斉に見積もりしてもらって決めても良いでしょう。



Comments are Closed