特殊清掃と現代社会

特殊清掃という清掃はこれまでもあったことなのですが、特殊清掃という言葉が世間一般的に知られる様になったのはここ何年かの話ではないかと思います。

特殊清掃ってどんな清掃のことかご存知でしょうか?

特殊清掃というのは、人が様々な理由で亡くなった現場の清掃のことをいいます。

事件、事故、病死など、死の理由は様々ありますが、自宅など病院以外で亡くなった場合、時にその場所が悲惨な現状になってしまうこともあります。

血や体液、死臭などは普通の清掃では取り除くことはできず、そこで特殊の清掃技術を持つ特殊清掃業者が必要となります。

特殊清掃は一般的には知られることも少なく、警察の入る様な死の現場で活躍してきた業者ですが、ここ最近、なぜ、広く知られる様になってきたのかと言えば、現代社会において孤独死が増えているからです。

孤独死というのを聞いたことがあるかと思いますが、孤独死とはその名の通り、身寄りや尋ねてくる人などもおらず、一人、部屋で亡くなっていることに気付かれず、腐敗した臭いで周囲に住んでいる人が気付くと言う様な亡くなり方で、この孤独死のケースが現代社会では増えている状況にあります。

現代社会ではインターネットの普及やスマートフォンやタブレットなどの便利な端末など、実に生活も便利になっているのですが、その分、人との関わり方が希薄になりつつあります。

また、核家族化が進んで高齢の人が一人住まいをしていたり、晩婚化もしくは結婚しない人が増えて一人暮らしをしている人が増えていることから孤独死が増え、悲しくものような特殊清掃の必要性が高まっているのです。

事件現場特殊清掃センター認定の即日特殊清掃対応はコチラ⇒http://www.clean-next.jp/